マックのカサノバ社長が謝罪会見! 無能という一部世論を覆せたのか?

kasanoba

やっとマックのカサノバ社長が謝罪会見を開いた。

2015年2月5日の事。

マクドナルドの異物混入問題が表沙汰になり出してから、実に1か月以上も経ってからだ。

sponsor

要約すると何て謝罪したの?

「めっちゃ迷惑をかけてすいません。後、今まで謝らなくてごめんね」

まあ、大体こんな感じだ。

何でこれを異物混入事件が起きてすぐに言えなかったのだろうか。

頭の悪い私にはよく理解ができない。

で、何でまた急に謝ろうと思ったんだろ?

それは、きっとあれですね。

営業的な数字が思ったより、よろしくなかったから。

恐らく下っ端というか社長より下の日本人たちの中には、ここは日本だから日本精神にのっとり、とりあえず謝っておいたほうがいいと思う

的なアドバイスを社長に送っていたかと思う

ただ、社長はおそらく、心のどこかでこう考えたんではなかろうか。

まあ、歯が入ってたり、プラスチックが入ってたって当たり前でしょ。

マックってアメリカの会社ですよ?

しかもファーストフード。

安い値段でそれなりのレベルの人達が食べにきてるんだから、そこまでみんな気にしないでしょ。

てか気にしないでよ。

まあ、こんな風に思ったかどうかは勝手な妄想だが、そんなに遠からずといった所じゃないかと。

画像

kasanoba

sponsor

だから、何で今、謝罪会見開いたの?

正確に言うと、決算会見のついでに謝罪した感じかなと。

今まで謝罪しなくても、問題無く売れると思ってたかもしれないが、実際にフタを開けたみたところ、やべ!めっちゃ売上下がってる!

どうしよ!どうしよ!

前年同月比38.6%減はやばいよ!

で、日本人社員のアドバイスを思い出して従ったとか、そんなオチじゃないかと。

マック好きとして、今の気持ちは?

マック好きとしては、最近店が空いていて嬉しいんだけど、近所の店舗が閉鎖されたりしたら、それはそれで困るわけで。

ってことで、パフォーマンスなのかどうかはさておき、すんごい遅ればせながらでも謝罪してくれたのは大きな一歩だったかなと。

まあ、そのうち、ほとぼり覚めるから。

本当であれば、日本人の人質やヨルダンパイロットなど、イスラム国のニュースに世間の注目が集まってる時に会見を開けば、それなりに世論の目を逸らせたんだろうけど、それをやらなかっただけ、良心的なんじゃないかと私は評価している。

明日は株主優待でマックでも食べて来るかー!

関連記事:

sponsor
sponsor
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です