ガストリックソース,ベルチ (ベイルチ), キャンサー, バイパスの意味, 関連性についてまとめてみた

ガストリックソース

ガストリック。

皆さんはこの言葉を聞いたことがあるだろうか。

ガストリックソース、ガストリックキャンサー、ガストリックバイパス等様々な意味で使われる。

つまり、ガストリックとはなんぞや?ということで、今回は色々と語ってみたい。

sponsor

ガストリックについて

gastrique(ガストリック)と書くようで、英語じゃないのではないかと思い調べてみたところ、フランス語で「胃」を表すようだ。

suc gastriqueで「胃液」「胃酸」となる。

ガストリックソースについて

ガストリックソースとはその名の通り調味料で、フランス料理によく使われる。

作り方(レシピ)としては鍋にグラニュー糖と水を少量入れて火にかけ、少し色がついてきたらワインビネガーを加える

これがガストリックと言うソースのベースになるようだ。

オレンジソース等を作る時は、ここにさらにオレンジのジュースを入れて煮詰めるといった工程も発生する。

また、カレーを作る際にも使われたりする。

sponsor

ガストリックキャンサーについて

ガストリックキャンサーは、調味料や食べ物等ではない。

胃癌つまり病気を意味する。

そういった医療関係の繋がりでは、ガストリック10という胃酸をコントロールして胃粘膜の修復を早める胃腸薬もあったりする。

ガストリックべイルチについて

これは私もまったく聞いたことがなかったが、どうやら以前TBS系列で放送されていたテレビドラマ「ATARU(アタル)」の中で登場したワードらしい。

第2話で、ガストリックジュースべイルチ(ガストリックベルチだという噂もある)というセリフが出てきており、それぞれガストリックジュース=胃液、ベイル=胆汁、チ=血を意味する。

英語と日本語を混ぜた言葉のようだ。

ガストリックバイパスについて

元力士のKONISHIKIが行ったことでも有名だが、胃のガストリックバイパス手術で、ダイエット(減量)したい人の為の手術だ。

胃の入り口を狭めつつ小さくなった胃と小腸を繋げることで、自然と摂取カロリーが抑えられる。

物凄く高額で、手術費用は約200万円以上と言われている。

総評

ガストリックに纏わる言葉について見てきたが、いかがだっただろうか。

知っていたり知らなかったりだと思うが、知らなかった方はこの機会に学んでいただくなり、もっと深く調べてみるなりしていただければ幸いである。

sponsor
sponsor
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です