アロンガメント ジナミコ, 伸ばさないストレッチのYouTube動画, 画像, 方法をご紹介!

アロンガメント ジナミコ

アロンガメント ジナミコ (alongamento dinamico)。

より近い発音は、アロンガメント ディナミコかもしれない。

毎週水曜日20:00から放送されているNHK系番組「ためしてガッテン」の2月18日放送回では、当たり前と思われていたこれまでの常識を180度覆す驚愕のストレッチ方法が公開される。

sponsor

ためしてガッテンについて

こちらの番組も紹介するのは今回が初めてなので、簡単にご説明したい。

1995年3月より約20年間放送されており、身近な生活の話題をテーマに挙げては最新の科学を駆使することで新しい常識を発見していく、という内容だ。

司会は、落語家兼タレントの立川志の輔と小野文惠アナウンサー。

レギュラーに山瀬まみ、ゲストには毎回女性と男性が1人ずつ出演している。

伸ばさないストレッチ、アロンガメント ジナミコ (alongamento dinamico)

以下のYouTube動画にて、どういったものなのか、簡単なやり方、動きなどを確認できる。


sponsor

アロンガメント ジナミコの画像 (http://rodrigoassicore360.blogspot.jp/2010/09/materia-da-revista-dia-dia-dgabc_6483.html)

アロンガメント ジナミコ

さて、

「伸ばすからこそストレッチなのであって、伸ばさないストレッチ方法なんてあるか」

こう思われた方もいるかもしれない。

そもそも、なぜ私たちはこのように考えるのだろうか。

体が柔らかいほど怪我をしにくいので、体を伸ばしてほぐすことで初めて効果が生まれる。

おそらく、多くの方がこう感じているからだと思う。

最近では、ストレッチがダイエットにも良いとか、ストレッチポールというストレッチ用のグッズが出たりもしているが、結局その方法は体を柔らかくしようとするものだ。

それこそが大きな間違いだという。

番組で紹介されるのは、体の柔軟性をアップさせるという点では共通しているが、伸ばさずにその効果を生み出す方法

ブラジルでは既に知られている手法であり、これを一日10回繰り返すことで、体の柔軟性は勿論筋力までアップさせることも可能だ。

普段肩こりで悩まされている方の中には、枕等様々な要素が原因となり、さらに湿布を貼ってもあまり効果を得られなくて途方に暮れている方もいると思う。

しかし、この「伸ばさないストレッチ」を行うことで血流をアップさせ、付き纏っていたその悩みを解消することができる。

総評

私たちが今まで行っていた運動前の体をほぐすストレッチ等も間違っていた、ということなのだろうか。

正直なところ、ストレッチをしても怪我する時はすると思うが、「伸ばさないストレッチ」ではそのリスクを更に低くしてくれるのだろう。

今後の為にも是非観ておきたい内容だ。

sponsor
sponsor
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です